代表 小谷野幹雄のブログ

2019年01月24日I Have a Dream~#MLK90~

今週月曜日は米国では、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの日(ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日)として祝日です。

今年は生誕90周年にあたり、ネット上では「#MLK90」として、コメントが飛び交っています。
スティービー・ワンダーのヒット曲「Happy Birthday」は、歌詞にあるようにこのキング牧師の誕生日のために作られた歌です。

日本人が、現在米国を訪問して、トイレや電車の席で「colored」「white」のどちらを使うか迷わなくて良いのは、キング牧師のお陰でしょう。

2年前米国アトランタを訪れる機会があり、キング牧師の生家や記念館を訪れ、あらためて自分が有色人種である事、人の心に宿る根深い差別の問題に気づかされたことを思い出します。
キング牧師の公民権運動の成果の話は他に譲るとして、彼は印象に残る演説、言葉を数多く残しています。聖職者の家系でもあり発する言葉に力があります。

最も著名なのは、ワシントンのリンカーン記念館で行った演説、
「I Have a Dream」
(that one day ・・・ sit down together at the table of brotherhood.)

ですが、個人的に好きなのは、

 

「The time is always right to do what is right.」
(正しいことをするのに時を選ぶ必要はない)

 

「Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.」
(おそらく人生で最も罪深いことは、正しいことだと知りながら、
そうしないことである。)

余談ですがアトランタには、オーガスタ(*)を造ったボビージョーンズのホームコースで、米国ゴルフツアーの最終戦が行われるEast Lake Golf Clubがあります。
昨年タイガーウッズが5年ぶりの復活優勝80勝目を上げて話題になったコースです。
プレーをさせてもらいましたが、世界的評価に違わぬ、美しさと難しさを両立する見事なコースでした。

(*)ゴルフのメジャー選手権であるマスターズが開催され、米国で最もステイタスが高いとされるゴルフコース

 

~ I Have a Dream、〇〇〇、不謹慎で書けない、小谷野でした ~

PAGETOP