代表 小谷野幹雄のブログ

2019年03月14日目標を変えると結果が変わる~中年の星、藤田氏を囲んで~

小谷野です。

シニア・ゴルファーからは中年の星といわれる、藤田寛之プロを囲みました。
1969年生まれのプロ・ゴルファーで43才の時に賞金王に輝き、日本シリーズ3連覇という偉業も成し遂げています。
戦歴は20代で1勝、30代で5勝、40代で12勝とまさに中年の希望の星です。
今年は50才でシニアツアーにも出られますが、勿論レギュラーツアーで戦うそうです。

 

興味深かったのは、目標を変えたら結果が変わった話でした。
20代30代の頃の目標は、安定的に日本の賞金ランキング20位以内に入るプロゴルファーである事でしたが、40代に入って全米プロゴルフ選手権という世界メジャー大会へ初めて出場した際大きな感銘を受け、目標を変えたそうです。

 

世界メジャーでは、トッププレーヤーとのラウンドだけでなく、観客の多さ、熱狂的な応援に体が震え、また戻ってきたいと思ったそうです。
メジャーの観客は、ミスしたときのネガティブな声よりも、圧倒的にナイスプレイへの加点主義的な声援が熱狂的だそうです。マスターズ(*)開催のオーガスタでは、ベテラン観客が多く、初めての参加のときは「よく来たね」、二回目以降の出場は「お帰り」という歓迎ムードが感動的だそうです。

 

それで、ゴルフの目標を世界メジャー大会への参加資格を得ることに変えました。
その結果気にするのは、目先の日本の賞金ランキングや優勝ではなく世界ランキングとなり、結果としてゴルフの成績が飛躍的に向上したそうです。

さてクイズです。昨年の男子プロゴルフツアーの賞金王は今平周吾さんでしたが、賞金王として藤田さんが持っていた記録が彼に破られたそうです。何の記録でしょうか?

 

・フェアウエイキープ率・・・×
・パーオン率・・・×
・平均パット数・・・×
・リカバリー率・・・×

 

ここで藤田プロの声、「データでなくビジュアル系」の記録です。
正解は、「身長(低い記録)」でした。
今平さんは、165cmで藤田さんより3cm低かったのです。

 

~ 家で、怒られないから褒められるに目標変更、小谷野でした ~

 

(*)マスターズトーナメント:ゴルフメジャー大会の一つで、
米国ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで4月開催される。

 

PAGETOP