代表 小谷野幹雄のブログ

2012年11月22日当然は偶然なのでは~あたり前はあたり前でない~

小谷野です。

今週は交通機関の事件2件に巻き込まれました。
東北新幹線の中で50分缶詰、お客様にご迷惑をかけてしまいました。

もう1件は鹿児島からの帰りの便。

40分遅れの空港内アナウンスおよび航空会社からの遅延通知メールがあったので

空港のマッサージ屋さんで時間をつぶしていたら、飛行機は定刻若干遅れで出発していました。

(唖然)

 

逆説的な感性ですが、普段いかに日本の正確な交通機関運行の恩恵を受けて

生活をしているかを実感しました。

当たり前が当たり前でなくなる日は必ずあるのです。
いったん失ったり、比較したりすると、当然と思っていたことの素晴らしさを実感する例は

たくさんあります。

転職した友人が、前の会社で当然と思っていた制度や仕組みが転職先では無く、

騙されたとぼやいていました。

 

ある社長さんはいつも、「うちは馬鹿社員しかいない」とこぼしていましたが、

同業の再建依頼を受けて他社に入ってみたら、自分の会社の社員がどれだけ優秀か分かったと

おっしゃっていました。

 

事業計画で前提としている昨年の売り上げは、来年は無いのかもしれない。
普段「当然」と感じていることは「偶然」なのかもしれません。

われわれは日常生活で、良いことは当然と感じ、少しでも悪いことがあれば

不平不満をまき散らす評論家に豹変します。
いつも文句を言っている相手は実はかけがえのない最上の相手なのでは。

 

~ 伴侶の顔をじっくり見つめる 小谷野でした ~

PAGETOP