代表 小谷野幹雄のブログ

2012年09月20日家族模様は変わる~争族の現場から~

小谷野です。

 

ある会社オーナーが「先生、ようやく息子への贈与が終わったよ。」と安堵の顔を見せました。
息子と同居している不動産を少しずつ毎年贈与してきたそうです。

ある日、会社の経営に関連して親子喧嘩が発生してしまいました。
そして息子の言葉です。

 

「親父、この家はオレのものだ、出て行け!」

 

そして、お父さんは本当に家を出ることになってしまいました。
子供たちに何を生前に与えるかは「エンディング・ノート」を書いてからでもよいのではないでしょうか。

 

~ 家族の人間模様は、常に変わる、突然変わる。小谷野でした ~

PAGETOP