代表 小谷野幹雄のブログ

2012年09月14日勝利の確信は当てにならない~九十九里をもって半ばとす~

小谷野です。

 

先週末、アメリカンフットボールの試合を観戦しました。
高校の関東リーグ東京都大会での出来事です。

 

6点リードの息子のチームは、残り時間1分35秒で攻撃権を得ました。
アメフトの特徴ですが、露骨に時間消化のプレイに入ります。
攻めて前進しながら時間を消化するのはリスクなので、後ろ後ろへと下がり時間を稼ぎます。

 

当然4回の攻撃で攻撃権キープのための10ヤードゲインできませんから最後はパントで

大きく敵陣地内に蹴り込み、次の相手の攻撃点を下げる作戦です。

 

結果は大きく後退した挙げ句、最後のパントを失敗し、

相手に同点となるタッチダウンを許してしまいました。

 

勝利を確信してから逃げに入ったときの「弱さ」は際だっていました。
タイブレークで勝ちましたが、「勝って兜の緒を締めよ」ですね。

仕事の現場でも、「もう大丈夫」という感覚は、当てにならないことが多い。

 

~ 傍目八目(おかめはちもく) 小谷野でした ~

PAGETOP