代表 小谷野幹雄のブログ

2019年10月03日コンサート通いが健康療法?~TFCコンサート~

小谷野です。

NHKホールに久しぶりに行きました。そこでの光景です。

ミュージシャンが舞台に現れてコンサートが始まると、60代、70代の女性を中心に総立ち拍手のコンサートが始まりました。

若者のロックコンサート顔負けのノリノリで、杖をついているご婦人まで立ち上がっての応援でした。

そのミュージシャンとは、東儀秀樹さん、古澤巌さん、cobaさんで、TFCとは3人の頭文字です。

 

(東儀秀樹さん)
奈良時代まで祖先を遡ることができる楽家で、宮内庁の歴代楽師を排出する家柄です。

 

本人も宮内庁で10年活躍されたそうです。背が高くイケメンで、外見の女性人気は一番のようです。
観客を魅了する音は、ひちりき(篳篥)という雅楽、神楽でつかう管楽器(縦笛)で、

日本人のDNAに響く音です。クラシックから現代音楽までを奏でていました。

 

 

(古澤巌さん)
私が追っかけをしているバイオリニストで、こちらもクラッシックから

ヘビメタまで様々な分野を自在に奏でることができる人です。

 

 

(cobaさん)
アコーディオニスト・作曲家の彼の楽曲は、オリンピックのフィギュアスケートや体操などの音楽としても

世界の舞台で披露されています。

 

 

この3人は1959年生まれで、今年還暦を迎えるトリオなのです。
3人が55才から始めたコンサートは還暦で終わりと言われているので、人気もひとしおのようです。

 

 

ところで、夢中になるものがあると認知症になりにくいそうです。

コンサート会場で不謹慎ですが、認知症の予防などに効果的な音楽療法を思い出しました。
(社)日本音楽療法学会の定義では、「音楽療法とは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、

心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質向上、行動の変容に向けて音楽を意図的に計画的に

使用すること」とあります。

 

また、拍手、踊りと体の動きも多く、運動療法でもありました。

公益財団長寿科学振興財団の定義では、運動療法は、認知症の予防、改善の効果があり、

運動を通じて関節機能の改善、筋力の増強・・・

この辺でやめないと、コンサート会場にいた人たちに怒られそうです。

 

~ 熱中できるコトを増やす! 小谷野でした ~

 

 

PAGETOP