デューディリジェンス

デューディリジェンス

デューディリジェンス(以下「DD」という)とは、一般的にはM&Aまたはベンチャーキャピタルなど投資ビジネスにおいて、買収・投資に関する意思決定を行う際に、対象会社の実態を把握し、問題点の有無を把握するために行われる調査のことをいいます。
DDは、様々な切り口に応じて区分されますが、当事務所では、主に財務の分野(財務・会計・税務)について、経験豊富な公認会計士・税理士がお引き受けします。
財務DDにおける主な検討項目及び調査内容は、以下のようになります。

主な検討項目及び調査内容

主な検討項目及び調査内容

検討項目 調査内容
全般項目
  • 事業概要、リスクの把握
  • 組織構造の把握
  • 労務問題、係争案件の把握
  • 偶発債務の把握
貸借対照表
  • 資産・負債の内訳の分析
  • 含み損益の調整
  • 簿外負債の認識
損益計算書
  • 損益の分析(業績推移、損益構造の把握等)
  • 正常収益力の算定
  • 業績評価指標の分析
資金繰り
  • 資金繰り状況の把握(決済サイト、季節性等)
  • 運転資本の分析
事業計画
  • 事業計画の分析
  • 設備投資実績・計画の把握

財務DDの利用には以下のようなケースが考えられます。

  • M&A・VC向け
  • 企業再生
  • 相続
  • 資産管理
利用目的 特徴
M&A・
VC向け
M&Aやベンチャー投資は、企業価値を高めることを目的として行われます。
そのため、DDにおいては、実行の可否決定、対価額の決定、実行後の運営戦略に役立てるための情報入手が不可欠です。
企業再生 企業再生の局面において、財務DDによる現状分析を行い再生プラン策定のための情報提供を行います。
  • 事業及び会社の実態調査及び問題点の洗い出し
  • 財産評定書の作成
相続 相続発生時だけではなく、相続対策の一環として、個人資産の精査を行います。
  • 財産目録の作成
  • 相続税評価額の算定
資産管理 オーナー様が管理しきれない、もしくは管理を委託している個人財産について、第三者の観点から、厳正に実在性・網羅性のチェックを行います。
  • 資産管理表の作成・報告
  • 時価評価額の算定

PAGETOP