バリュエーション

バリュエーション

M&Aや企業再編など様々な場面での意思決定を行うため、企業価値・事業価値・ストックオプション・企業の有する無形資産等の価値を正確に評価します。
企業価値の主な評価手法には、以下のようなものがあります。

企業価値の主な評価手法

企業価値の主な評価手法

表を横にスライドしてください。

評価手法 方 法 特 徴
修正純資産法
(ネットアセットアプローチ)
対象会社の資産・負債を時価評価し、その差額である純資産を企業価値として算出する方法
  • 計算が簡便
  • 恣意性が入りにくい
  • 将来性が反映されない
  • 営業権として正常利益の数年分を上乗せする方法もある
DCF法
(インカムアプローチ)
対象会社が将来獲得するであろうキャッシュ・フローを現在価値に割り引いて企業価値を算出する方法
  • 将来性を重視するためベンチャー企業向き
  • 事業計画や割引率に恣意性が入りやすい
類似会社批准法
(マーケットアプローチ)
事業・規模等の類似する上場企業の株価が、純利益や営業利益の何倍であるかといった指標を活用して企業価値を算出する方法
  • 客観性が高い
  • 市場環境に左右される
  • 類似企業の選定に恣意性が入りやすい

PAGETOP